胃・腸・食道の最新医療情報
病気の治療・予防・リスク・薬などの最新情報
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

胃がんリスクを下げるために減塩が良い
HOME>予防胃がんリスクを下げるために減塩が良い

研究によれば、減塩した食事は、胃がんリスクを下げる事が世界がん研究基金から発表されました。
推奨される塩分摂取量は、1日6gです。
しかし、世界がん研究基金の調査によると、平均で1日8,6g摂取しているそうです。
英国の1年間の胃がん患者6000人の内、塩分摂取量を1日6g(1日2,6g減塩)にすると14%にあたる800人が胃がんを避ける事が出来るそうです。

情報元:BBC

日本人の場合、1日の塩分摂取量が約11gですから、世界平均の1,28倍多く塩分を摂取していることになります。
2010年の統計によれば、胃がんになった人は日本全体で約125,000人です。
例えば、日本人が減塩して1日6gの摂取量にすれば、イギリスの例を当てはめると、14%の17500人が胃がんにならなくて済む計算になります。
もし日本人が目標摂取量1日6gになったとすれば、減塩率が大きいですから14%以上の人が胃がんにならないかも知れませんね。

減塩する方法の一つとして、塩の代わりにダシを使用すると良いそうです。出汁のうまみ成分が減塩による物足りなさを補ってくれるからです。
こんな方法はいかがでしょうか。2・3日絶食すれば少しの塩分でも濃いと感じられるはずですから、そこからは何でも濃い味の飲食物は口にしないようにすれば、減塩できませんか?
やっぱり、無理ですね きっと。

高ビタミンDレベルが大腸がん生存期間を延長
大腸がん後の喫煙は、死亡リスクが高い

スポンサーリンク

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。