胃・腸・食道の最新医療情報
病気の治療・予防・リスク・薬などの最新情報
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

健康的生活が寿命を延ばす
HOME>予防健康的生活が寿命を延ばす

米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校の発表によると、米国癌学会の栄養と身体活動に関するガイドラインに従った生活を送った結腸癌患者は、死と再発のリスクが著しく減少していました。

米国癌学会(ACS)の栄養と身体活動に関するガイドラインとは、食事の内容や運動に関して推奨される項目を提供しています。

研究では、米国癌学会ガイドラインの順守が大腸癌患者の生存期間を延ばすかどうかを調べるために、化学療法中および化学療法後の食事と身体活動を報告した進行大腸癌の臨床試験に参加した992人を調査しました。

参加者には、体格指数(BMI)、身体活動、野菜、果物、全粒粉および精製穀物、赤肉または加工肉の推奨範囲を含むACSガイドラインへの遵守に基づいて、0から6のスコアをつけました。

平均で7年間の追跡期間に、335人の患者ががんを再発し、299人が死亡しました。
そのうち256人はがんの再発で死亡しました。
そして、 試験参加者の26%がACSガイドラインスコア0-1を有し、9%のみが5-6のスコアとなりました。

その結果、最も厳密にガイドラインに従った患者は、フォローアップ中に死亡する可能性が、最悪の順守した人よりも42%少なく、無病生存率と無再発生存率が良好でした。
全体として、ガイドラインを順守している人は、診断後5年間生存する確率が、最悪の順守の患者よりも9%高い可能性があることがわかりました。

また、精製された穀物全体を選んだ方が長く生き、癌の再発を起こす可能性は低くなりました。
BMIが23-29,9でACSのガイドラインよりも若干良い生活をした人は、より高いBMIの人と比較して、生存率が改善されました。

アルコールの低中程度の摂取(女性の場合は1日1回以上、男性の場合は1日2回)は、生存率の低下や再発率の低下と関連していませんでした。

より多くの赤肉および加工肉を食べることは、生存または癌の再発と関連していませんでした。

砂糖を加えた飲み物や血糖値の高い食べ物や健康に悪い炭水化物が悪い結果に結びついていたため、炭水化物に注意を払うことは大腸がんの生存者にとってより重要です。
ACSガイドラインに、上記を加えると、より大きな成果を得られるとしています。

情報元:ロイター

米国癌学会ガイドライン2012の要約
・適正体重を維持する。
・定期的な運動をする。
・野菜、果物、全粒穀物を多く含む食事を心がける。

実際には、がん患者とがん予防を含めて詳細に書いてあるのですが、膨大なページ数になるので割愛させていただきます。
好き嫌いを言わずバランスの良い食事をして、毎日少しでも良いから運動をし、規則正しい生活をする事だと思います。

オメガ3脂肪酸は、腸内細菌の多様性に良い

スポンサーリンク

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。