胃・腸・食道の最新医療情報
病気の治療・予防・リスク・薬などの最新情報
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

青年期の体重が結腸直腸癌のリスクに関連
HOME>リスク青年期の体重が結腸直腸癌のリスクに関連

イスラエルのテルアビブ大学などの研究によれば、青年期の過体重または肥満症と成人期の大腸癌・直腸癌発症リスク増加との関連が明らかになったと発表されました。

研究では、1967年から2002年の間に16歳から19歳(主に17歳)であった、体重指数(BMI)測定を含む健康診断を受けたユダヤ人男性1,087,358人とユダヤ人女性707,212人の情報を分析しました。

その結果、男性では、結腸癌1403人、直腸癌574人の合計1977人、女性では、結腸癌764人、直腸癌226人の合計990人の結腸直腸癌の新たな症例が確認されました。
過剰体重および肥満は、大腸癌において男性53%・女性54%の高いリスクと関連していて、肥満は、男性の直腸癌のリスクが71%増加し、女性のリスクが2倍以上増加しました。

この研究は、大規模で10年以上の長期間のフォローアップをした結果なので、17歳前後の体重が成人期の大腸癌・直腸癌との関係を証明するに値するとしています。

一方で、この研究では、結腸直腸癌の家族歴、ダイエット、身体活動、喫煙に関するデータがなく、結腸直腸癌診断の年齢の中央値が49,4歳であることを考慮すると、リスク評価に影響を与える可能性があるとしています。

情報元:EurekAlert

乳化剤は大腸炎のリスク
スポンサーサイト

スポンサーリンク

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

神経内分泌腫瘍治療薬「ソマチュリン」 承認
HOME>>神経内分泌腫瘍治療薬「ソマチュリン」 承認

商品名
ソマチュリン皮下注60mg/ ソマチュリン皮下注90mg/ ソマチュリン皮下注120mg

一般名 : ランレオチド酢酸塩徐放性製剤

承認申請 : 帝人ファーマ

承認日 : 2017年7月

効能又は効果
膵・消化管神経内分泌腫瘍に対する追加承認
先端巨大症・下垂体性巨人症

禁忌 (次の患者には投与しないこと)
本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

用法及び用量
1. 先端巨大症・下垂体性巨人症
通常、成人にはランレオチドとして90mgを4週毎に3ヵ月間、深部皮下に注射する。その後は患者の病態に応じて60mg、90mg又は120mgを4週毎に投与する。
2. 膵・消化管神経内分泌腫瘍
通常、成人にはランレオチドとして120mgを4週毎に、深部皮下に注射する。

副作用
膵・消化管神経内分泌腫瘍
注射部位硬結、白色便、鼓腸、糖尿病、下痢、腹痛、腹部膨満、悪心、倦怠感、胆石症、脱毛、硬結、疼痛、そう痒感 など

併用注意薬剤

1. シクロスポリン(経口剤)
2. インスリン製剤及び血糖降下薬
3. ロモクリプチン
4. CYP3A4で代謝される薬剤 キニジン等

情報元:医療ニュース

高ビタミンDレベルが大腸がん生存期間を延長

スポンサーリンク

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。