胃・腸・食道の最新医療情報
病気の治療・予防・リスク・薬などの最新情報
201204<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201206
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

手術前の化学&放射線療法が効果的な食道がん治療
HOME>治療>手術前の化学&放射線療法が効果的な食道がん治療

食道がんの治療は、手術前に化学療法と放射線療法を受けた方が、良い結果を得られる事を確証しました。
現在では、この治療法が標準化していますが、必ずこの療法を選択した方が良いと確認できたそうです。(ロッテルダム・エラスムス大学病院研究者の報告)

情報元:Healthfinder.gov

実際には、食道がんのステージにより治療方針が変わるのかも知れませんが、医師に懇願して手術前の化学及び放射線治療を行うことが可能なのか分かりませんが、良い結果が得られるのであれば医師に頼むべきですよね。
そして、最近では、開胸手術ではなく胸腔鏡や腹腔鏡手術も行われていますから、体の負担が少なくて済みますし、退院も早くなります。

いずれにしても、食道がんと診断されたならば、最初にセカンドオピニオンを受けた方が良いです。乳癌ではステージの誤った判断も数十パーセントあるそうですから、1人の医師より2人の医師の判断を受けた方が良いです。
そして、自分の癌の事を良く理解することです。原因・症状・治療方法・治療後の生活などあらゆる事を知っておいて損はないです。医師と対等に話が出来るくらいになれば、より良い治療方針も立てられますし、そして、その治療を信じて治療に専念できます。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。