胃・腸・食道の最新医療情報
病気の治療・予防・リスク・薬などの最新情報
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

プロバイオティクスは結腸癌予防と治療に役立つ可能性
HOME>治療>プロバイオティクスは結腸癌予防と治療に役立つ可能性

これまでの研究では、結腸直腸癌のリスク増加の主な要因は、炎症性腸疾患、遺伝的要因、喫煙、身体活動の欠如、および高い体格指数(BMI)となどが指摘されています。

そして、最近の調査によると、腸内微生物は結腸直腸癌の発生に重要な役割を果たしている事が分かりました。
しかし、そのメカニズムの多くはまだ不明なままです。いくつかの研究は、プロバイオティクスを用いて微生物に影響を及ぼすことが、腫瘍形成を防ぐのに役立つことを示唆していました。

アメリカのベイラー医科大学の研究では、特定のプロバイオティクスが結腸直腸癌の予防または治療に使用できるかどうかが注目されている中、哺乳類の腸内に存在する「ラクトバチルス・ロイテリ菌」と言う乳酸菌に注目しました。

ラクトバチルス・ロイテリ菌は、腸内の炎症を減少させることが示されているので、結腸直腸癌腫瘍に対するその効果を試験しました。

マウスを対象に、発がん性化学物質と超の炎症を起こす物質の投与の前と後に、ラクトバチルス・ロイテリ菌を与えました。
そして、15週間後に調べてみると、プロバイオティックを摂取したマウスは、腫瘍が少なく、サイズが小さく、逆に、対照群の動物は、より多くの、より大きな腫瘍を有していました。

ラクトバチルス・ロイテリ菌は、ヒスチジンデカルボキシラーゼ(HDC)と呼ばれる酵素を産生し、タンパク質合成において役割を果たすアミノ酸であるL-ヒスチジンを、免疫応答の調節に関与する有機化合物であるヒスタミンに変換するのに役立つことから、
ヒスタミンが重要な役割を果たしているとしています。

15の別々のデータセットから得られた2113人の結腸直腸癌と診断されたデータは、高レベルのHDCを有する個体がより良好に生存し、より高い生存率を有することを示しています。

これを考慮して、チームは、L-ヒスチジンをヒスタミンに変換するのに役立つプロバイオティクスが最終的に結腸直腸癌治療を助けるために使用されることを望んでいます。

情報元:MNT
手術前の化学&放射線療法が効果的な食道がん治療
スポンサーサイト

スポンサーリンク

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

青年期の体重が結腸直腸癌のリスクに関連
HOME>リスク青年期の体重が結腸直腸癌のリスクに関連

イスラエルのテルアビブ大学などの研究によれば、青年期の過体重または肥満症と成人期の大腸癌・直腸癌発症リスク増加との関連が明らかになったと発表されました。

研究では、1967年から2002年の間に16歳から19歳(主に17歳)であった、体重指数(BMI)測定を含む健康診断を受けたユダヤ人男性1,087,358人とユダヤ人女性707,212人の情報を分析しました。

その結果、男性では、結腸癌1403人、直腸癌574人の合計1977人、女性では、結腸癌764人、直腸癌226人の合計990人の結腸直腸癌の新たな症例が確認されました。
過剰体重および肥満は、大腸癌において男性53%・女性54%の高いリスクと関連していて、肥満は、男性の直腸癌のリスクが71%増加し、女性のリスクが2倍以上増加しました。

この研究は、大規模で10年以上の長期間のフォローアップをした結果なので、17歳前後の体重が成人期の大腸癌・直腸癌との関係を証明するに値するとしています。

一方で、この研究では、結腸直腸癌の家族歴、ダイエット、身体活動、喫煙に関するデータがなく、結腸直腸癌診断の年齢の中央値が49,4歳であることを考慮すると、リスク評価に影響を与える可能性があるとしています。

情報元:EurekAlert

乳化剤は大腸炎のリスク

スポンサーリンク

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

乳化剤は大腸炎のリスク
HOME>リスク乳化剤は大腸炎のリスク

マーガリン、マヨネーズ、クリーミーなソース、キャンディー、アイスクリーム、パッケージ化された加工食品や焼き菓子に使用される乳化剤は、炎症性腸疾患、潰瘍性大腸炎およびクローン病などを誘発することが分かりました。

乳化剤は、腸内細菌の種類の組成を変化させて、腸の炎症を誘発することがわかりました。
そのような炎症は、しばしば衰弱性クローン病および潰瘍性大腸炎、ならびにメタボリックシンドローム、2型糖尿病、心臓病や脳卒中のリスクを増加させる条件に関連付けられています。

マウスによる実験では、乳化剤として広く使用されているポリソルベート80とカルボキシメチルセルロースが使用されました。
その結果、乳化剤を与えたマウスでは、細菌が、腸を保護する高密度粘液層を消化し浸潤するより傾向がありました。

炎症性腸疾患とメタボリックシンドロームの発生率は、食品メーカーの乳化剤使用が普及し始めた時期とほぼ同時に、20世紀半ばに上昇を始めました。
この事から、慢性炎症性疾患の増加をは、いくつかの非遺伝的要因、いくつかの環境要因で説明できるとしています。

情報元:ロイター

食品添加物は、普段の生活に今や無くてはならない物となっております。家で料理を作る人が減ってきて、中食がブームですが、加工食品には防腐剤を含めた多種多様な添加物が使用されています。表示義務のあるもの無いもの、リスクが高いもの低いもの、それが私たちの体の中に取り込まれているのですから、病気にならない方が難しいような気がしてしまいます。

一つの化学物質で安全性は確認されているのでしょうが、複数の化学物質が体に入った場合はどうなるのかは解明されていません。
それどころか、米国では、毎年新しい化学物質が(食品以外も含めて)800種類位生まれているそうですから、解明することは不可能な状態だと思います。

ですから、病気の早期発見が重要になってきます。定期健診は必ず受けるようにした方が良いですね。

胃がんリスクを下げるために減塩が良い

スポンサーリンク

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。